血圧が気になる人のためのトクホ

最近血圧が高めでちょっと不安に感じている。
健康診断で血圧が高くなってきた。
高血圧をそのままにしておけば、徐々に動脈硬化が進行していきその先には心臓病や脳卒中など命にかかわってくる病気のリスクもあります。
ですから自分自身の健康を守るためにも日頃の血圧の管理はとても重要になってくるのです。
そのように血圧が気になっている方のためのトクホを紹介します。

 

エーザイのヘルケア(特定保健用食品)

  • 製薬会社のエーザイが開発した血圧が気になる方向けのサプリメントです。
  • 臨床試験を行ってその働きも正式に国から認められている特定保健食品いわゆるトクホです。
  • 血圧を落ち着かせるサーデンペプチドという成分が豊富に入っているサプリなので血圧が高めで気になっている方に向いているトクホサプリ。
  • まずは500円でヘルケアのモニタに参加できます。

高血圧トクホエーザイ

エーザイのトクホ【ヘルケア】の血圧ケア実感モニターはコチラ

 

大正製薬血圧が高めの方のタブレット

  • 血圧改善の機能性表示食品
  • ヒハツ由来ピペリンの作用で血管が拡張し血流がスムーズに
  • 1〜2週間で高めの血圧が改善
  • 継続すれば正常な血圧を維持

大正製薬の血圧サプリ

1日1粒、高めの血圧改善習慣

 

わかめペプチド

  • 理研ビタミンが開発した機能性表示食品
  • わかめペプチドで血圧を安定
  • 粒タイプだから持ち運び携帯に便利いつでもどこでも飲める

理研の高血圧サプリお試し

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

 

血圧が高めの方の健康緑茶

  • 大正製薬が開発した健康茶の機能性表示食品です。
  • 熱いお茶はもちろんのこと冷やして飲んでも美味しいから毎日のティータイムに
  • 10日分のお試しができのでまずは自分に合うかどうかトライしてみては

 

 

特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品の違い

トクホや機能性表示食品は、医薬品や一般食品と区分される保健機能食品の一つです。
保健機能食品は医薬品でも一般食品でもない、その中間に位置するような食品群で、科学的な根拠のもとに体のための様々な働きが認められてた食品です。
保健機能食品にはトクホ(特定保健用食品)、栄養機能食品、機能性表示食品の3つがあります。
トクホは消費者庁の審査を通ったものしか特定保健用食品として認定されません。一方機能性表示食品は消費者庁の審査は必要なく届け出すればOKというものです。
トクホの場合は国がお墨付きを与えたようなものですが、機能性表示食品は国から認められたもんではないので事業者責任としてその食品の機能が保証されているということになります。
そのようなわけでトクホの方がハードルが高いということが分かると思います。

高血圧症にならないためにお早目の対策を

健康診断で血圧がちょっと高めだと言われたことがありませんか?
血圧は一日のうちでも変動しています、体を動かしたりしたら血圧は上がりますし、それ以外にも寒い時、ストレスや不安など心の状態の変化でも血圧が上がったりします。
なので一時的な血圧が高い状態は高血圧とは診断されません。

 

ではどういった場合が高血圧と診断されるのでしょうか?

  • 収縮期血圧130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満であれば正常血圧
  • 収縮期血圧130〜139 、拡張期血圧が85〜89だと正常高値
  • 収縮期血圧140以上 、拡張期血圧が90以上が高血圧

と日本高血圧学会のガイドラインでは規定されています。
血圧が高い状態が続いている場合、高血圧症と診断されることになります。

 

最近血圧が気になる方は高血圧になる前に、日頃の生活習慣の見直しと改善が必要になります。
高血圧の方はどちらかというと太っている方に多いという特長があります。必ずしも痩せている方が高血圧にならないとは言い切れませんがそのような傾向が高いです。
ですから太っている方は、できるだけダイエットをして正常な体重になるように努力しましょう。またこれ以上太らないように食生活や運動習慣なども見直す必要があるかもしれません。

 

太っている方で高血圧が不安がある方におススメなのは有酸素運動を定期的に行うことです。有酸素運動とはウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳です。これらの有酸素運動をするときに注意してほしいのは無理をしないことです。
サイクリングをする女性ジョギングならゆっくりと心臓や足に負担をかけない程度に軽めのジョギングを行うことです。大事なのは継続して行うことです。こういった有酸素運動は肥満を予防するだけでなく血圧下げたり安定させてたりする効果もあるので本当におススメです。

 

食生活の面では高カロリーのものや塩分の多い食品はなるべく減らすように意識してください。
現在高カロリーで塩分量の多い食事をしている方が、急にそういった食事を辞めるというのは難しいでしょうし逆にストレスになってしまうでしょうから、徐々にでも構いませんので少しづつ減らしていくことが良いのではないでしょうか。
特定の食品を控えめに利用することも大切ですが、血圧を下げたり安定させる効果がある食品を積極的に取ることもいいかもしません。
そういった食品としてはゴボウ、貝類、オリーブオイル、ニンニクなどがありますから料理の中に意識的に入れるようにしてはどうでしょうか。
また、今は様々なメーカーから高血圧のリスクを減らすトクホが販売されていますから、こういったトクホ飲料やトクホサプリメントのも手軽できる血圧の管理方法だと言えます。

高血圧とDHAとEPA

DHAとEPAはサプリメントの成分としてよく使われいますね。この二つの成分が含まれているサプリメントには高血圧が気になっている方向けの商品も出回っているという特長があります。
まずDHAとはいったいなんであるのかを説明したいと思います。
DHAはDocosahexaenoic Acid(ドコサ・ヘキサエノイック・アシッドと読み)ドコサヘキサエン酸と言います。DHAが成分が注目されだしたのは現代になってからで、その始まりは私たち日本人の子供の知能指数が世界の他の国々と比べても高いということを英国の研究者が興味を持って研究するようになったのが始まりで、そしてそれには日本人特有の魚を多く食べる食生活が関連しているのではと考えたのが最初だそうです。その後世界中でDHAの研究が盛んにおこなわれるようなり、今ではDHAが中性脂肪やコレストロールを抑制する働きがあることが解明されています。

 

EPAは高血圧サプリ

DHAの特長は体の中で作り出すことができないので、食品から取ることが一般的です。DHAを含んでいる食品はイワシやサバなどの青魚に多く含まれています。その他には野菜類や豆類にも多少含まれています。
血液中の成分に柔らかさが消失すると、俗にいうドロドロの血液に変わって血液循環が悪くなります。こういった状態が長い間に及ぶと、体全体の細胞に酸素や栄養が届かなくなるので、カラダに幾つもの異変をもたらします。不飽和脂肪酸であるDHAは、血液中成分をやわらかくし、血液をサラサラにする働きがあります。
さらには、DHAにはコレステロール値の上昇を抑制する作用や、中性脂肪を少なくする効果も見られます。コレステロールや中性脂肪が血管壁に蓄積される結果、高血圧の原因ともなる動脈硬化をもたらすことから、DHAの摂り入れごとで、動脈硬化を防ぐ効果が見込めると考えられています。

 

EPAは正式にはエイコサペンタエン酸と言います。EPAは体内でほとんど作り出すことができないので食品から補給することが必要になります。EPAを多く含んでいるのはイワシ、サバ、アジなどの青魚です。
EPAは血栓や高血圧の予防が期待できる成分です。

 

今までDHAとEPAについて簡単に説明してきましたが、すでにお気づきのことでしょうが、どちらもその働き多く含む食品が同じであることに気づいたのではないでしょうか。どちらも高血圧や高脂質症など生活習慣病を予防する成分が含まれていることが分かったことと思います。
同じような働きを持っているこの二つなのですが、明らかに違う点がいくつかあるのです。
その一つとしてどちらも血流を改善する作用があるのですが、DHAの場合は、血管を柔らくすることで決了をよくするのですが、EPAは血栓ができるのを防ぐことで血の流れを促進する働きがあります。
そして実はこの二つの成分を同時に摂取ることで相乗効果が期待できるのだそうです。高血圧などの生活習慣病が気になる方はEPAとDHAがともに含まれているサプリメントを摂取するのがより効果的であると言えるでしょう。
血圧サプリメントとは言えども医薬品ではありませんから、高血圧の人が飲んだとしても血圧が下がって正常になるという効果は期待できません。これは高血圧サプリメントの中で特定保健用食品つまりトクホがありますが、トクホと言えどもある程度の効果を期待出来のですがこれとて医薬品ではないのですでに高血圧になっている人が血圧を下げるためにトクホを使っても前年ながら血圧を正常値まで戻す効果はありません。トクホやサプリメントは血圧が高めで気になっている方が飲む商品であると言えます。

 

高血圧の原因と症状

どうして血圧が上がるのか

日本人のおよそ4300万人が高血圧症だと言われている昨今、高血圧症はもはや国民病とも言っていい病気です。
血圧が上昇する高血圧になる原因はいろいろあるのですが、塩分の過剰摂取、過剰なストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒、遺伝的に高血圧になりやすい体質など様々な要因に、日頃の生活習慣も絡み合って高血圧症になると考えられています。
もう少し詳しくそれぞれの要因と高血圧との関係を見てみましょう。

 

まず飲酒です。
アルコールは血圧を上昇させるということを知っていましたか?案外と知らない方も多いのではないでしょうか。
研究結果ではアルコール30mlに対して血圧が3mmHgも上昇するというデータがあります。
アルコール30ml=ビール大瓶1本、日本酒1合、ワインとウイスキー2杯分に相当します。
特にお酒を連日継続して飲み続けていれば血圧が上がるので、血圧が高めの人はお酒は控えめにした方が安心です。

 

次にたばこ
タバコに含まれる一酸化炭素とニコチンという成分が血圧を高くします。タバコ1本でおよそ10〜20mmHg血圧が上がります。そしてそれだけでなく動脈硬化の原因にもなるので、タバコは本当に厄介なものです。
さらに恐ろしいことにタバコを長期にわたって吸い続けていると善玉コレステロールが減ってしまい、それに加えて悪玉コレステロールを増やすという性質も持ち合わせているので、その結果として動脈硬化が進行し心筋梗塞とか狭心症になるリスクが高まります。

禁煙とトクホサプリ

 

別名サイレントキラーと呼ばれるように自覚症状がはっきりしないことも多く本人が気づかないうちに症状が進行していることもあるのです。
高血圧は自覚症状がほとんどない、本人が気づかないという場合が多い病気です。
具体的な高血圧の症状としてはめまい、動悸、息切れ、肩こり、頭痛、むくみ、頻尿などがあります。

 

高血圧が元に起きる病気

高血圧が引き金になって様々な合併症が起こるリスクがあるので、血圧が高めの方は日頃から血圧管理をしっかりを行うなど注意が必要です。
脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、腎疾患、眼底出血などです。
命に係わる重大な病気もありますから、自覚症状がない高血圧だからと言ってそのままにしておくことは絶対にいけません。
血圧が高いとわかったら、早めに病院で診断を受けて対処しないと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

 

高血圧症と診断される前であれば、高血圧対策サプリなど製薬会社などで血圧を安定させるトクホなどが発売されているので、高血圧になる前に早めの対策が健康で元気な生活の基本だと言えるでしょう。

 

高血圧の診断と治療

血圧が高い状態が続いていると高血圧症と診断される可能性があります。また血圧が高くてもほとんどは自覚症状がないので知らず知らずのうちに病状が進んでしまいそこの様々な合併症が発生してしまうリスクも高まるので、早めの対策と治療が必要です。
一番は高血圧にならないように食生活に気を付けたり継続して有酸素運動を行ったり、それと合わせて血圧対策トクホなどの飲用も考えても良いと思います。

 

高血圧の診断

では、実際に病院では高血圧症だとどのようにしては診断するのかを説明したいと思います。
医療機関を受信すると血圧測定や問診、検査等により高血圧の状態を確認します。その後、高血圧が他の疾患が原因によるものかそうでないかを判断します。何らかの原因があって高血圧は、二次性高血圧症と言われていて、その主な原因として考えられるのはホルモン分泌異常、腎臓疾患、薬剤の副作用などです。
このような高血圧は降圧剤を飲んでも血圧は下がらないケースがありますが、疾患を治療することで血圧が下がって正常なるのです。
高血圧の原因がはっきりしないタイプの高血圧は、一次性高血圧又は本態性高血圧と呼ばれます。

 

高血圧の治療は

一次性高血圧のうち軽い高血圧であれば、薬を飲まずに生活習慣の見直しで治療を続けて様子を見ていくケースがありますが、そうでなければ薬が処方されます。
自分で気付く症状もないので、高血圧と聞いたとしてもそれほど緊迫感を持っていない人も多々いらっしゃいます。けれども、高血圧をそのままにしておくと、動脈硬化や脳卒中、心疾患というものを発症させる危険性が高くなっていくのです。それがあるので、高血圧と明らかになれば、早い時期の治療を行なっていただくことが大事です。
薬だけに頼る高血圧の治療にはおのずと限界が存在します。そこで大事になってくるのは日頃の生活スタイルや食生活です。高血圧と診断されたら塩分を控えた食生活や暴飲暴食などをしないなどの食生活は基本ですし、それと合わせて適度なウォーキングやサイクリング、水泳など有酸素運動も継続して行うことが大切です。ただし何事もやり過ぎは逆効果ですから無理をしない程度に運動を続けていきましょう。
もし長期にわたり高血圧を放っておいたがためにそれに伴う合併症が起こっている場合には、高血圧の治療を行うことでその合併症の症状が緩和されていくケースもあるようです。

 

二次性高血圧症のケースでは、原因疾患の治療と同時に高血圧の治療もされることによって、早い段階で改善が見込めるという事も考えられています。